森林を活かし
地域を興す

これに林業をプラスし
森林を重要な地域資源と位置づけて
持続可能な地場産業の仕組みを作り、
さらなる川場村の振興につなげていくために
株式会社ウッドビレジ川場を設立しました。

SUSTAINABLE WOOD RESOURCES

地域資源の木を活かす

川場村は面積の83%を山林が占めており、1980年ごろまで林業が栄えていましたが、輸入木材の増加に伴って国産材の価格が低迷、山の手入れができなくなりました。川場村は、コシヒカリやリンゴなどの特産品に恵まれており、水源を守る意味でも山をよみがえらせたいという思いがありました。

その後、志を共にした清水建設株式会社、東京農業大学と「元気なふるさとづくり協定」を結び、株式会社ウッドビレジ川場の誕生に至りました。

地域資源である木を有効に活用することで、新たな産業やエネルギーを創出し、林業を活性化させ、地域振興にも繋げていこうという木材コンビナート事業が始動しました。今後も川場村に合った形で運用を進め、循環型地方再生事業のモデルを構築していきたいと思います。

代表取締役 外山京太郎

 

KAWABA GREEN VALUE PROGRAM

川場村が目指すGVP

グリーンバリュープログラムとは、森林資源を持続的に活用しながら地場産業やエネルギーの創出、CO2クレジットの活用等に取り組む環境保全と経済性を両立する農山村における新しいモデルです。このモデルを実現するために川場村では、川場村・東京農業大学・清水建設で3者協定を締結し、三者それぞれの知識や経験を活かした産官学の連携による持続可能な仕組みを実現する取組をスタートしました。

元気なふるさとづくり協定調印式

産官学の連携

ROAD TO SUSTAINABLE VILLAGE

木材コンビナート構想

製材所から始まる森林資源を活用した川場村の価値創出の仕組みをつくり、魅力あるふるさとづくりに貢献しています。川上(素材生産)から川下(製品販売)まで一貫して取り組み、さらに製品や電力のやりとりを通じて、地方と都市の交流を深めています。

木材コンビナート構想図

THREE PROJECT

三つの事業

木材コンビナート構想の柱となる、ウッドビレジ川場の三つの事業です。施設はすべて村内で稼働しており、各事業のエキスパートが施設の運営に取り組んでいます。

製材事業

利根沼田地域の間伐材の多様な利用を目指した製材施設です。木材の品質のみならず、川場村が長年に渡り取り組んできた「田園理想郷」を後世にも引き継ぐため、里山の保全に貢献すると共に木材のブランド化へも取り組んでいきます。

発電事業

製材所で木質チップに加工された未利用間伐材を活用した、45kwの小規模バイオマス発電です。川場村と縁組協定を締結している世田谷区の約40世帯に、平成29年4月よりみんな電力を通じて家庭用の電力を供給しています。

温室農業

木質バイオマス発電の廃熱を利用した環境にやさしい温室農業を行っています。平成28年に栽培を開始したいちごは、「森林(もり)のいちご園」の名でブランド化され、村内施設などで販売しています。(シーズン中の取扱)

製材事業

ウッドビレジ川場

木材コンビナート
製材施設

木材コンビナート事業の出発点となる製材所です。村内生品地区に立地しており、敷地面積9,600㎡の中に、事務所棟、製材棟、チップヤードの建物があり、製材機、切削チッパー、グラップル等の機械が揃っています。製材品と、未利用間伐材から燃料用のチップを製造しています。

発電施設

Photo Gallery

concept

製材所の運営は、すでに木材取引実績のある企業とノウハウを共有しながら協業を進め、品質の高い製材を目指します。

ringyo1

concept

都市との交流事業として「縁組協定」を締結している世田谷区に川場産木材の製品を供給することに取り組んでいきます。

ringyo2

concept

川場村が長年取り組んできた「田園理想郷」を後世へ引き継ぐため、里山を保全すると共に木材のブランド化を進めていきます。

ringyo3

製材所コラム

川場村では村内の間伐材で学校机の天板を制作しています。

川場村の子どもたちの教育環境の充実に役立てる資産とするため、先人たちが作った百年以上の歴史を持つ学校林(村有林)があります。学校林の間伐材を使い学校机の天板を製作し、入学時に配布して在学中は自分のものとして使ってもらい、卒業時に思い出の記念品にしています。毎年、春と秋に小学生と中学生が、学校林の下草の手入れを行っています。

biz1_desk

製材所コラム

CO2削減(J-クレジット)に取り組んでいます

グリーンバリュープログラム(GVP)を通じて村有林を整備することでCO2収量量が増大します。取得するJ-クレジットは、共同でGVPに取り組んでいる清水建設がビルのカーボンオフセットに活用しています。

発電事業

ウッドビレジ川場

木質バイオマス発電施設

製材所で間伐材から製造した木質チップがここで電力になります。ドイツのスパナー(株)製の小型木質バイオマス熱電供給プラントにより発電を行っています。発電容量は45kwと小さなものになりますが、他の地域に頼らず、川場村が属する利根沼田地域の森林からのみ燃料供給が可能となるように小規模な発電を選択しています。

DSCF0145

Photo Gallery

concept

地域の未利用間伐材を有効活用するために、森林の燃料(木材)供給規模に合わせた小規模バイオマス発電を行っていきます。

concept

平成28年2月に「自然エネルギー活用による発電事業に関する連携・協力協定」を締結した世田谷区に対して電力を供給します。

concept

バイオマス発電に伴って発生する廃熱を温室農業に活用し、様々な農産物を栽培し製品としてブランド化。村内施設で販売します。

発電所コラム

平成28年2月15日「川場村における自然エネルギー活用による発電事業に関する連携・協力協定」を締結。

川場村と世田谷区は、都市と農村との交流を通して自然とのふれあいを大切にしながら、相互の住民と行政が一体となって村づくりをすすめていこうという趣旨の縁組協定を締結しています。この趣旨に則り、川場村における自然エネルギーを活用した発電事業を通じて、相互の更なる交流の活性化に寄与することを目的とし、平成28年2月15日に「川場村における自然エネルギー活用による発電事業に関する連携・協力協定」を締結しました。

発電所コラム

川場村が作った電力を東京に!みんな電力による売電が開始されました。

川場村で自然エネルギーである森林資源から作られた電気を世田谷区の加入者に購入していただいています。電気を作る人が見えるコンセプトを持つ「みんな電力」へご協力頂きながら電力を供給しています。

温室農業

ウッドビレジ川場

温室農業
ハウス栽培

木質バイオマス発電からの廃熱を利用して農業ハウスにていちごを栽培しています。収穫したいちごは道の駅「川場田園プラザ」のファーマーズマーケット他、多数の村内施設にて販売、加工を行っています。2つの農業ハウスでは群馬県の「やよい姫」をはじめ、静岡県の「紅ほっぺ」などその他多数の品種を栽培しています。

IMG_1570

Photo Gallery

concept

木質バイオマス発電施設の廃熱を利用した再生可能エネルギーで里山の環境にやさしい温室農業を継続して運営していきます。

concept

食の安全だけでなく、環境保全にも取り組む農場を目指し、川場村や地域の模範となるよう、安全な農産物を提供していきます。

concept

田園プラザのほか村内施設と協力して、農産物や農産加工品の販売を通じて、川場産のブランド力を高めていきます。

温室栽培コラム

農業ハウスの第2期目が完成しました!

第1シーズン目は1つのハウスでのみ、いちごの栽培と収穫を行っていました。今回、8月末に第2期目の農業ハウスが完成し、第2シーズンではさらなる増収と多品種栽培を目材していきます。

温室栽培コラム

第2シーズンのいちご栽培を開始しました

9月にいちご苗の定植を行い、2シーズン目の栽培をスタートしました。前回より品種を増やし、「やよい姫」「紅ほっぺ」「さちのか」の3種類を主力として生産を行っていきます。12月中旬から道の駅川場田園プラザのファーマーズマーケットで販売しますので是非お越しください!

History

ウッドビレジのあゆみ

OUR INSPECTION

視察のご案内

ウッドビレジ川場では毎月2回、施設の視察を受け入れています。ご希望の方は、メールかお電話にて「人数、希望日(以下よりお選びください)、連絡先電話番号」をご連絡ください。

視察当日は川場村役場「むらづくり振興課」で受付を行い、視察を開始します。視察の所要は2時間程度です。なお、ご参加一名につき資料代として500円を申し受けます。ご了承ください。

視察実施スケジュール

・7月 2日(月)13:00
・7月17日(火)13:00
・8月 1日(水)13:00

CONTACT

お問い合わせ

お気軽に
お問合せください

ウッドビレジ川場に関するお問い合わせは、お電話またはメールでどうぞ。

株式会社ウッドビレジ川場
川場村役場内
むらづくり振興課(担当:相馬)
群馬県利根郡川場村大字谷地2390-2
TEL: 0278-52-2111
FAX: 0278-52-2333

COMPANY PROFILE

会社概要

社名

株式会社ウッドビレジ川場

本社

群馬県利根郡川場村大字谷地2390-2

連絡先

TEL : 0278-52-2111 FAX : 0278-52-2333

代表取締役

外山京太郎

設立

平成27年4月

資本金

1,450万円(平成29年3月末時点)

事業内容

製材事業 発電事業 温室農業

WOOD VILLAGE SPONSORS(出資者)